« クーラーに対する態度が変わった | トップページ | 飲むヨーグルトを飲む憂鬱 »

2005年8月28日 (日)

解脱している国民新党4コマ

しかし、国民新党の4コマまんがすごいですね。
KOWさんの日記で知ったのですが、驚きを通り越して感動すら覚えました。

まずこれ。
http://www.kokumin.biz/manga-1.html
金正日のオカマっぽいことばづかいもさることながら、なんといっても見所は亀井久興氏のおめめが黒目がちでチャーミングなのがポイント。もうそれだけで国民新党を応援したくなるというものです。うそですけど。
左下の「印刷する」ボタンの意味もよくわかりません。印刷してどうしろと? 近所に配ればいいんでしょうか?こんなのを近所に配ってたら羽交い絞めにされて颯爽と交番へ連行されます。

続いてこれ
http://www.kokumin.biz/manga-2.html
4コマ目で「この紋所が目に入らぬか!」と、国民の印籠を取り出したところで軽やかに終了。突然終了するので、ものすごい消化不良です。
しかもこれ、よく考えて読んでみると、金正日と小泉が密談している部屋は障子が閉まった状態のまま、亀井氏は印籠を突き出してるようにも見えます。金正日も小泉も聞いてねーっつーの。という。
しかもその印籠を突き出す亀井久興氏のおめめは、これまた悲しいほどに黒目がち。
もちろん印刷もできます。用途は不明ですが。

さらにこれ
http://www.kokumin.biz/manga-3.html
もう、綿貫太陽は何らかの芸術作品を思わせる完成度だと思います。
こんな解脱した絵は並みのやっつけ仕事ではできません。

国民新党4コマは、風刺まんが史に新たな地平を開いたのではないでしょうか?
風刺まんが史なんてのが存在するか知らんけども。

|

« クーラーに対する態度が変わった | トップページ | 飲むヨーグルトを飲む憂鬱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事