« 憂鬱なことがら | トップページ | 解脱している国民新党4コマ »

2005年8月19日 (金)

クーラーに対する態度が変わった

入道雲がきれいですね。夏ですね。

クーラーが大好きでした。

締め付けるような暑さの中、ひんやりと冷えたデパートや電車に乗った瞬間の心地よさ。

しかし、最近クーラーにあたりすぎると頭がいたくなることに気づきました。

昔は「クーラーさむい」とか「クーラーは冷えるから嫌い」とかいうおんなを見ては「なーにカマトトぶってんだよこのあばずれが」とか思ってましたが、まさか自分がそんなことになるとは思いませんでした。

ですので、家ではなるべくクーラー入れないことにしました。照明を暗くして、扇風機を回し、玄関を少し開けて、窓を開ければ風が入ってくるので、いがいとすずしくすごせます。

そういうわけで、会社でも僕一人しか居ないときは、クーラーをつけずに、窓を開けて風で涼を取るようにしています。

しかし、会社のビルはわりと隣のビルと接近して建っているので、出勤して窓を開けると、毎朝隣のビルの排気口から、暴れん坊将軍の殺陣シーンの曲が風に乗ってさわやかに流れてきます。そして、上様の「潔く腹を切れ!」のセリフが誰も居ないオフィスにこだまする。
そんな週末でした。

(写真:築地、汐留方面の夜景)

|

« 憂鬱なことがら | トップページ | 解脱している国民新党4コマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事