« 友達の少ない僕にバトンがまわってきた | トップページ | いいともを毎日録画している俺は勝ち組 »

2005年9月16日 (金)

必ずやってしまうことを反省

僕は、湯気の出ている食べ物を前にしたとき、必ずフ〜っと息を吹きかけて、湯気でメガネを曇らす。というような行為を何回か繰り返す癖があるんですね、特に意味はなくて、ただ単純にメガネが曇るのが面白いからやるんですが。

昨日、晩ご飯のとき、ご飯から湯気が出てたので、思わずそれをやっちゃったわけです。
で、はたと気づいたのですが、おいちょっと待てよと、よくよく考えるとこれは30歳の大人がやることじゃないなと。

しかも、10月ごろから父親にならなければいけないのだけども、こんなことでいいのかと、非常に心配になった訳です。思い返してみると、うちの親父はなんぼメガネかけてて、目の前に湯気の出る食べ物があったとしても、そんなことはしなかった……。父よ、あなたは強かった。

相方に「これは、こどもの前で大人のすることじゃないよなあ」と訊いたところ「こどもが喜べばいいんじゃないの?」という返事だったので「そうか」と、そのときは納得して寝たんだけど、朝おきて改めて考えてみると、その「メガネを曇らす」っていう行為は別に子供のためにやるわけじゃなくて、もう、あったかい食べ物が目の前にあれば、反射的にしちゃう行為であって、おまいはパブロフのイヌかよという意味で、やっぱり大人気ない行為だよなと反省した次第です。

しかし、よく考えると、大人気ない行為が非常に多くて恥ずかしい限りです。
キャッフェーでアイスティーを頼んだときに、カップに入っている氷が、製氷機で作った真ん中にくぼみのある氷だったりした場合、ストローでくぼみのところに息をフーフー吹きかけて穴を貫通させてご満悦とか。あとは、どうせ100円だからっつってダイソーのシャチハタ印の「徳川」を買っちゃうとか。
ダイソーの「徳川」のシャチハタ印はそのへんの紙に3回ぐらい押したらもう満足しちゃって、ほったらかしなんですが。なんか面白い使いかたないですかね。豊臣とか織田とかも買わないとダメですかねやっぱり。

まあいろいろありますが、そういうわけで、もう金輪際メガネを曇らせません。

参考URL
http://mixi.jp/view_community.pl?id=34096

|

« 友達の少ない僕にバトンがまわってきた | トップページ | いいともを毎日録画している俺は勝ち組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事