« うかれすぎ | トップページ | 長さの単位について »

2006年9月21日 (木)

鼻毛をカットする家電製品

 さいきん、「鼻毛カッター」という言葉が気になってしょうがない。
 鼻毛カッターとは、ちょろりとお目見えしてしまった鼻毛を、何時でもどこでも、手軽にカットできる家電製品のことだ。
 この、「鼻毛カッター」とは「(むだにのびた)鼻毛(をカットする)カッター」を略して「鼻毛カッター」となっているわけなんだけれども、僕は何回聞いても、「鼻毛カッター」と聞くと「鼻毛(が)カッター」という風にしか聞こえない。

 つまり、鼻毛じしんが鋭利な刃物となっている恐るべき図を想像してしまう。あるいは、ウルトラマン的なヒーローの武器としての「鼻毛カッター」。

 怪人のなんやかんやの卑怯な攻撃で、鼻毛ヒーローは手に持っていた棍棒(こんぼう)やアイスピックなどの武器をすべて川に落としてしまう。
 「観念しろ!ハナゲマン!」と、武器の鉈(なた)を大上段に構える怪人鉈男。

 「南無三!」と目をつぶるハナゲマンはやおら鼻の穴を広げ、その中の一本の鼻毛をプツリと引き抜くと鉈男に向けて投げつける!
 「くらえ!鼻毛カッター!!」
 「ウギャー」
 首ちょんぱとなった怪人鉈男は血を噴出しながら、どうと倒れる。
 「地球の平和は守られた(鼻毛カッターで)」

 こんなに殺傷能力のある鼻毛が鼻の中で繁茂しているようでは、安心して鼻をほることもできない。

 あ、今また思い出した。この「鼻をほる」という表現もだいぶん前から気になっていたのだった。そういえば。
 子供のころ、鼻の中に指を突っ込んでると、親に「無理やり鼻をほるな」とよく怒られた。
 この「鼻をほる」という表現は方言なのかしらと思っていたんだけど、相方に確認してみたところ、そういう言い方を聞いたことがあるということだったので、「鼻をほじくる」とか「鼻をほじる」ほどには普及していないにせよ、そういう言い方もあるということは確認できた。

 鼻をほる。

 漢字で書くと「掘る」だろうか。
 なにかスコップか何かでザクザク掘り出している感じではある。
 たまに大物が取れた場合は、たしかに「掘った」と表現した方がよいと思われることも多々あると思う。

 だからなんなんだというとりとめのない話になってしまいました。

 すみません。

|

« うかれすぎ | トップページ | 長さの単位について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事