« 【市町村章】数字で読みを表現その2 | トップページ | 江戸時代のDQNネーム »

2011年5月26日 (木)

【市町村章】よく見ると書いてある

01

市町村章は、よく見るとカタカナで地名が書いてあることがよくある。
たいてい丸型に収めるため、カタカナをかなり無理な形にねじ曲げてることも多いけど、上の(3)みたいに菱形や四角に上手くまとめてる場合も多い。

(1)円の中心から外にむかって読んでいくと読めます。
(2)カタカナ町名の嚆矢とも言える町。カタカナ町名は、むかしはこの町とマキノ町ぐらいしかなかったと思う。ちなみに円の中のとんがってる部分は羊蹄山を表してる。
(3)ほんらいは濁る文字が入っているのだけど、濁らずに表記しています。
(4)沖縄で一番有名な市。電源マークみたいな市町村章は日本各地にいろいろあるのだけど、大分県章とこの市章は中でも飛び抜けて電源マークっぽい。

--以下正解--
(1)北海道豊頃町(トヨコロ)
(2)北海道ニセコ町(ニセコ)
(3)長崎県佐世保市(サセホ)
(4)沖縄県那覇市(ナハ)

なお、上記の市区町村章を含めた市区町村クイズをポッドキャストで聴けます。

■デイリーポータルZラジオ「脳トレ! 市区町村クイズ」

■デイリーポータルZラジオ「脳トレ! 市区町村クイズ2」

|

« 【市町村章】数字で読みを表現その2 | トップページ | 江戸時代のDQNネーム »

市町村章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1389391/40105780

この記事へのトラックバック一覧です: 【市町村章】よく見ると書いてある:

« 【市町村章】数字で読みを表現その2 | トップページ | 江戸時代のDQNネーム »